電話占い「恋愛・仕事・金銭・心霊」などのご相談は、的中率・予知実現率ともに業界トップクラスの電話占い紫魂へ。

電話占い紫魂 > 

霊能者のメッセージ

 > 霊能者、特別インタビュー 第一回
電話占い紫魂

霊能者、特別インタビュー

電話占い紫魂に所属する霊能者について、もっと詳しくその霊能力や開眼の切っ掛けなどを知りたいとの声をいただくようになりました。そこで電話占い紫魂では、鑑定のお忙しい間を縫って、在籍する霊能者の先生の生の声を聞かせていただくことにしました。皆様も是非、霊能者を選ばれる際の参考にしてください。

第一回 二藍(ふたあい)霊能者

紫魂スタッフ「今日は二藍先生が霊能者として歩み始めたきっかけや、修行についてお伺いしたいと思います。まず、先生が霊能力に気付かれたのはいつですか?」
二藍霊能者「幼稚園の頃です。その前年に私のことを大変可愛がってくれた祖母が亡くなったのですね。でも私はずっと信じられなかった。なぜなら祖母はいつも私の側にいたからです。お葬式で家族が別れを悲しんでいるときも、私の側にいてくれました。だから私はなぜみんながおばあちゃんの写真を見て、お線香をあげて泣いているのか不思議でした。おばあちゃんはここにいるのにって」

紫魂スタッフ「おばあさまの霊が見えたのですね」
二藍霊能者「はい。でも当時の私は霊能力のことなんて全く知りませんでしたから、母に“おばあちゃんちに行かなくても、一緒に住むようになったから、いっぱいお話しできるね”なんて言っていたんですよ。母に変なこと言わないでと怒られましたね」

紫魂スタッフ「それが霊能力だと気づいたのはいつですか?」
二藍霊能者「中学生のときですね。好きな男の子ができて、その子のことばかり考えていると、いま彼が何をしているのか見えるようになったのです。彼はいま宿題をやっているわ。私も頑張らなくちゃ!という感じですね。幸い彼が優等生だったおかげで、勉強する姿を霊視し、自分の励みにしていたので、私も成績が上がりました(笑)」

紫魂スタッフ「霊能力や霊視というと、何も知らない人は少し怖いという印象も持ちますが、恋愛や学業に効果的とは!霊能力について、周辺の人たちにはお話ししたのですか?」
二藍霊能者「家族に話しても信じてもらえないと思っていたので、友達に話しました。友達の好きな男の子のことを霊視してあげたりしましたよ。友達も最初は半信半疑だったようですが、私は友達が片思いの彼のプロフィールを言わないうちから、サッカー部のキャプテンね!と当てたので、驚いていました。気づいていたの?と言われたけど、気づいたのではなく、彼女のことを見ていたら彼の顔が見えたのです。それに素敵なことに、彼も友達のことが好きなこともわかったんですよ。サッカー部の練習を見ている彼女のことを気にしている様子や、友達に“コクっちゃえよ”と言われている彼の姿が見えたのです。友達にそれをいったら、とても喜んで、二人は付き合うようになったのです」

紫魂スタッフ「それはいまの恋愛相談を鑑定するのに近い霊能力を、学生のときから発揮していたということですね」
二藍霊能者「今思えばそうですね。それがきっかけで学生の時から、友達からいろんな相談を受けていました。恋愛がうまくいけば私もうれしいし、霊能力ってこんなに人を幸福にするのかと。だったら将来、霊能者の修行を受けて、もっと人を幸福にしたいし、マイナスの感情もプラスに変えられるような力のある霊能者になりたいと思ったのです。当時は波動修正もヒーリングも守護霊交信もできず、相談者の好きな相手が何を求めているのか、そのとき置かれている状態を見て、いまはこうするのがベスト!と言うだけだったのです。それで短大を卒業してから、就職すると同時に霊能力を高める修行もしてきました。いまでは霊能者として電話占いの仕事だけをしています」

紫魂スタッフ「霊能者の修行というのはどういったことをするのですか?」
二藍霊能者「霊能者によって違うと思うのですが、私は長い休みをとって青森のイタコの先生のところで修行をして、亡くなった方の霊と会話する修行をしたり、尊敬する先輩のところで、波動修正や遠隔ヒーリングなども学びました。やはり仕事となったら、相談者の方からお願いされたことに対して、できない!とは言えないので、すべての分野でエキスパートになりたいと思ったのです」

紫魂スタッフ「霊能力の修行は厳しいのですか」
二藍霊能者「自分の欲などは封印することが必要になりますから精神的に厳しいです。どんなに霊能力がすぐれていても、野心が強い人は難しいと思います。常に思いやりや優しさを持っていないと霊能力は磨かれません。また霊能力というのは体も心も削る仕事です。例えば相談者の鑑定で、悪い結果が出たとき、それを告げただけでは相談者は傷ついてしまいますよね。できるだけ希望に沿えるように恋愛祈願や悪いエネルギーに波動修正を施し、相談者の未来がよりよりものになるようにベストをつくす。自身の身を削るギリギリ、自分の限界を知るのが霊能力の修行でもあるのです。霊能力に耐える体力と知力を養う修行は、はっきりいって苦行でもあるのです。でもそこを超えると、自信がつき、すべての人の相談を受け入れたい!というような大きな心を持てるようになり、それが霊能力のパワーアップにつながります」

紫魂スタッフ「二藍先生が霊能者として成長していった様子が見えるようです。おばあさまも喜んでいるでしょうね」
二藍霊能者「ええ、祖母はいまも私の側にいます。私が霊能力で人々を幸福へと導くことを誰よりも喜んでいるのは祖母です、祖母にいつも見守られているので、恥じないように相談者の方を真摯に鑑定していきたいと思っています」

二藍(ふたあい)霊能者プロフィール

霊能者のメッセージ一覧に戻る

ページの先頭へ戻る 設立10年で12万件の鑑定実績を誇ります!鑑定中も、携帯電話からでも、通話料金が『完全無料!』
電話占い紫魂
霊能者が見た映像!当てた未来! 電話占い紫魂 有名芸能人の霊視実績 特集記事紹介 電話占い紫魂 有名雑誌紹介 コラム掲載案内 霊能者メッセージ 口コミ情報 電話占い紫魂 携帯サイト